Sound Basics

音楽制作なる徒然

茅ヶ崎のハンドメイドギターストラップ「Daiking Strap」を買ってみた。

先日、ギターのストラップを買いに楽器店に行きました。お目当のものはあったのですが、そこで偶然茅ヶ崎で作っているギターストラップです、との触れ込みの製品が並んでいました。

daiking というブランドで、なんというかキレイな模様の生地を使っているのが特徴です。購入した楽器屋のBOWさんのサイトにもページがありました。
Daiking Strap 【茅ヶ崎ハンドメイドストラップ】 / 楽器屋BOW

今まではフェンダーのストラップを使っており、その色違いを購入するつもりでいましたが、おっと思える柄の生地もあったので、こっちの方がいいかなという感じで買っちゃいました。しかも2本。実際につけてみましたがなかなか気に入ってます。

1本目は紺ベースで民族調な柄の生地。

ブランドのタグ入りですね。

2本目は、1本目と同じ柄だけど白ベースのもの。セミアコにつけてます。

いいかんじですね。

裏側は、ざらざらとした感触のバッグのストラップのような感じ。フェンダーのストラップの裏側はつるつるしているので、感触は違いますが別に問題ないですね。

サイトによると、傷つけないようにプラスチックパーツを使用し、生地がなくなり次第終了、ということで、いつまでも同じものが作られるのではないようです。ストラップなので、基本ちゃんと使えれば、見た目のビジュアルで決められるのがいいですね。 私の掲載するアーティストにも、個性的なギターストラップを使っている人は結構います。特に気になるのは、奥田民生さんですね。下記のようにオリジナルで作ったりもしてて、鮮やかななんというかサイケっぽい柄のを使っている印象が強いです。
同じ湘南地区ということで応援したかった、というのもありますが、また随時チェックしたいと思います。

▼参考URL

楽器商社DaikingCorporation

コメントは受け付けていません。